熱海城

b0171577_10514892.jpg

熱海にお城なんてあったのですね。

熱海城



入り口すぐに、巨大しゃちほこが鎮座しております。
このしゃちほこ、上に乗ることもできるのです。


しゃちほこの正面顔はなかなか見れないのでは・・・笑




この熱海城。
城として楽しむというより、
なんかよくわからない美術館のよう。

しゃちほこがいる一階は普通に甲冑や昔の道具が展示してあり、
お土産屋さんもあります。

そこからエレベーターで最上階へ。




天守閣にあたるのでしょうか?
見事な展望で花火大会の日はここから花火を見ることもできるそう。
良い景色でしょうね・・・!

天守閣。
エレベーター前にテーブルといすも用意してあるので、
喫煙もできます笑
天守閣で喫煙。なかなかできないです。


そこから階段で、順々に降りていくのですが。
次に出てくるのが、
ヨーロッパ風の絵画。

・・うむ。




次の階。

世界遺産の写真展。
なぜ、と思いながらも、結構楽しんで見てました。




次の階。
ここは結構面白い。

マッチ棒でつくられた城の模型たち。
すごいですよ~。




はじめの一階を通過して、地下一階。
浮世絵。
北斎なども少なからずあります。

普通のもありますが、
メインは春画・・・。
初めてちゃんと見ました、浮世絵の春画。
しかし、まさかここまで・・笑

最後の締めがそれなもんだから、
連れと熱海城を出てから、
海を見ながらがんばって爽やかな気分に戻ろうとしてました・・・。






一階をはじめに見ていたら、
どこからともなくおばちゃんが
「試食どうぞ~」
と、なにか昆布茶のようなものを持ってきました。

売店があることを気づいていない時点で、
甲冑とかを真剣に見ていたので、

「どこから出てきたの!?」

という謎の中試食で渡されたお茶をすすりながら、
見学していました。
最終的に売店があって、とても安心しましたが笑

因みにお茶の正体は「めかぶ茶」
初めて見たのですが、
昆布茶よりもまったりとしていておいしいです。





熱海城はどうやら、
実際に実用的な城として、歴史の中で作られたものではなく、
町のシンボル的なものとして作られたようですね。
歴史的には、小田原の北条氏歴代武将などが、
そこに城があったら便利だろうと望んではいたようですが。





とにかく、つっこみどころ満載の熱海城でした。

[PR]
by palmbeach_bells | 2009-08-12 11:20 |
←menuへ